顎関節症の治療法本文へスキップ

顎関節症の治療法

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

顎関節症の治療法therapy

顎関節症の治療法は大きく分けて3種類があります。
 1.観血療法(手術)
 2.物理療法
 3.精神療法

上記の治療法の中でも、当院で行っている顎関節症に対する治療法は物理療法と精神療法です。
物理療法として東洋医学的鍼灸治療整体療法・運動療法、精神療法として認知療法を行っております。詳しくはリンクをクリックしてください。

以下ではそれぞれの治療法を大まかにご紹介いたします。

1.顎関節症の観血的療法(手術療法)
 顎関節の変形が強い場合や顎関節脱臼を繰り返すような重度な顎関節症には手術療法が最適な方法となります。全顎関節症の3%前後が手術の適応となります。

 観血的療法は、保存療法とは異なり外部から直接顎関節を開いて外科的手術を行います。顎関節自体の変形による手術療法の他に、顎関節内症で関節円盤の位置異常(前方転移)などの場合にも関節円盤切除術、関節円板縫縮術などが行われます。
 メリット :W型の顎関節症である、顎関節の変形を改善することができます。
 デメリット:手術後に顔面神経麻痺が起こってしまうことがあります。

2.理学療法(物理療法)
 理学療法は、顎関節症の初期治療として最も重要な保存療法です。理由として顎関節症の理学療法は、歯の高さを削る治療のように成長期から高齢に至るまで直接的に影響する事はありません。ですが、顎関節周辺の筋肉の状態や血液循環の改善、関節可動域の改善によって、顎関節症による痛みの軽減が期待できるためです。また、理学療法は顎関節症の症状を症状を即時に緩和させることがあります。また、的確な運動療法を継続して行うことによって顎関節症の再発を予防することも可能となります。顎関節症の理学療法での最終的な治療のゴール地点は、顎関節症による痛みの軽減と顎関節の運動可動域の増大です。
 顎関節症を疑って”歯科治療”を受けられた方で『噛み合わせが悪い』ということですぐに”歯”を削ってしまう歯科医もいます。このように歯を削ってしまったら、もしミスをしてしまっても歯の咬合高径を永久に失ってしまうことになります。これでは取り返しがつきません。また、このミスによって顎関節症が悪化してしまっている方も多いのが現状です。
 顎関節周囲のマッサージや低周波、レーザー治療、超音波療法、アイシング療法など痛みに対する治療です。それぞれの治療法の特徴を記載します。

マッサージ顎関節周辺の筋肉を緩和させる目的で行います。
   メリット:1型の顎関節症の場合に有効性の高い治療法と考えられます。
  デメリット:ポキポキやガクガクなるような顎関節症の場合には症状の改善が見込めない。

SSP療法低周波療法顎関節症の痛みの緩和と咀嚼筋の緩和を目的に行います。
   メリット:基本的にすべての顎関節症に行うことができます。
  デメリット:顎関節症の症状緩和が強く出ている場合には治療効果が低いことがあげられます。

当院での低周波療法
SSP療法
 SSP療法(Silver Spike Point)は、『刺さない鍼治療』の発想から開発された低周波刺激療法です。
1976年、大阪医科大学麻酔科の兵頭正義教授(故人)が考案し、(株)日本メディックスとの産学共同開発により誕生したツボ表面電気刺激療法です。
 SSPと呼ばれる小さな金属電極で低周波通電する治療法のことです。
 電気治療の中では痛みの軽減や筋肉の緩和などの治療効果が高いうえに、副作用がない事がSSP療法の特徴です。
 近年では鍼治療の本場、中国、韓国にも認められたSSP療法は、世界各国で使用されています。

超音波療法:超音波療法は、非常に高速で細かい振動を咀嚼筋に与えることにより超音波療法、硬くなってしまった咀嚼筋を緩和し、同時に体の内部で穏やかな熱を発生させ、血流改善、関節動きを改善、新陳代謝を活性化することができる治療器です。ケガの耐えないプロスポーツチームでも、多く採用されています。

   メリット:全顎関節症の痛みの緩和に有効な治療法です。
  デメリット:デメリットは、急性期の顎関節症にはお勧めできません。
マイクロ療法

マイクロ療法:マイクロ波によって、身体の深部を温めて頸部の筋肉を柔らかくし、首や顎関節の動きを改善します。また、温めることにより顎関節周辺の血流が良くなるため、周辺組織の栄養・酸素・酵素などの供給が増し、代謝産物が活発化します。この作用によって、自然治癒力を高めます。


レーザー治療

レーザー治療:レーザー光線を使って身体の深部に熱を送り込みます。これによって、体の深部を温め、痛みの軽減、自然治癒力の促進作用、コラーゲン線維の合成が期待でき咀嚼筋の早期回復を目指します。


アイシング:アイシングは顎関節症の発症初期や運動療法後の炎症予防に行います。※顎関節症の発症初期の場合には、アイシング療法を選択しましょう。 

3.運動療法
 顎の動きを改善するための運動矯正と咀嚼筋を中心とした顎関節周囲の筋肉の筋力増強を目的に運動療法を行います。運動法には、口を上下に開ける運動(開閉口運動)と左右に動かす運動(側方運動)、下顎を前に突き出す運動(下顎突き出し運動)があります。

開閉口運動:左右の筋肉を同時に動かす運動です。この運動は、鏡を見ながら行うことが重要です。左右別々で口が開くとこの運動の意味がありません。
 方法:口をゆっくりと大きく開きます。痛みがある場合には、痛みが出るところまで動かします。

側方運動:顎関節周辺の靭帯と顎関節包のストレッチを目的に行います。
 方法:下顎を左右にゆっくりと動かします。

下顎突き出し運動:下顎を前に突き出す運動です。この運動の目的は、関節円盤の位置を正常な位置に戻すことを目的に行います。
 方法:下顎を前に突き出します。この時、口が開かないように気を付けてください。                  ↓
    下顎を突き出したまま口を開くところまで大きく開きます。
          ↓
    下顎を突き出したまま口を閉じます。

 運動療法は、顎関節症のタイプによって行って良い方と悪い方がいらっしゃいます。運動療法を行う場合には、顎関節症の専門家に相談するようにしましょう。
 当院でも、顎関節症の運動療法の指導を行っています。お気軽にご相談ください。

4.スプリント療法
 顎関節症の治療にスプリントと呼ばれるマウスピースのような器具が用いられます。この治療法は、顎関節を安静に保つために使用します。顎関節症の大半が顎関節に何らかの負担が長期間かかることによって発症するため、顎関節の安静を保つことによって顎関節にかかる負担の軽減と咀嚼筋の緩和が期待できます。

 スプリント療法は、くいしばりや歯ぎしりの癖がある方にお勧めの治療法です。当院では、スプリント療法が有効なのはごく軽度な顎関節症である全顎関節症の20%ぐらいではないかと考えています。理由は、3つあります。

1.顎関節の安静は、顎関節が炎症を起こしている発症から1カ月ぐらいは必要です。ですが、それ以降の場合には安静が必要ない場合も多くあります

2.スプリントは、活動時間帯には装着しにくい。

3.顎関節の動きが正常ではない状態(かみ合わせが合わない状態)で、スプリントを長期間装着すると顎関節の位置異常が固定され症状が悪化する可能性があります。この場合、顎関節症の悪化として咀嚼筋の筋力低下、顎内症の発症、顎関節のロッキングや開口障害、自律神経失調症併発などが考えられます。

このような理由から、顎関節症発症後3カ月以上経過した場合にはスプリント療法は好ましくないのではないかと考えています。

5.整体療法
 顎関節は、横から見ると骨盤の真上にあることが理想です。ですが、猫背の方の顎関節の位置は骨盤の上にありません。そのため、首の筋肉である胸鎖乳突筋・斜角筋・僧帽筋などが硬くなる傾向があります。これらの筋肉が硬くなることによって、咀嚼筋に無理な負担をかけ咀嚼筋障害が現れます。その結果、咀嚼筋の筋緊張亢進や顎関節の運動障害が見られるようになります。その結果、1型の顎関節症が発症します。
 猫背の場合には、1型の顎関節症から3型の顎関節症に移行するのが正常の方に比べると早い傾向があります。これを逆に考えると、姿勢を改善する事によって顎関節周辺の筋肉である咀嚼筋にかかる負担を軽減する事ができると考えられます。その結果、顎関節症の改善が見込まれます。

6.認知療法
 顎関節症が発症する原因にブラキシズム(歯ぎしりやくいしばり)、寝方の異常として横向き寝・うつぶせ寝、片噛み、頬杖等があります。これらの悪い癖は、身体のゆがみを引き起こしてしまいます。このゆがみが顎関節症を引き起こしてしまいます。そのため、自分自身でこれらの顎関節症が発症しやすい原因となる動作がある事を認識する必要があります。そして、悪い癖を取り除くことによって顎関節症の改善を早くする事が可能となります。
 ちなみに、くいしばりというと”力いっぱい噛みしめている状態”というイメージと思います。ですが、上下の歯の位置関係は1ミリ前後離れているのが正常です。つまり上下の歯が無意識の状態で接触しているだけで”くいしばり”が起こっているのです。 
 顎関節症の症状が進行すればするほど、『上下の歯は接触しているのが正常』と思われる方が増えてきます。その結果、意識的に上下の歯を接触させるようになります。これが顎関節症を悪化させることも考えられます。

このように、多くの治療法がありますがこの中から自分自身の顎関節症の原因に合った治療を受ける必要があります。わからない場合は、顎関節症の原因を専門家に聞いてみることをお勧めします。

顎関節症は、進行性の病気です。早期の治療開始が重要となります。

temporomandibular顎関節症

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も顎関節症治療を行っております。

LINE

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。