顎関節症治療のつぼ:合谷本文へスキップ

顎関節症治療のつぼ:合谷

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

顎関節症治療のつぼ:合谷

顎関節症治療に使用するツボ:合谷をご紹介いたします。

 合谷

経穴名 合谷合谷

経絡  足の陽明大腸経

取穴部位 第1中手骨と第2中手骨の間、中央に取る。

手の大指と次指の岐骨間陥中。陽明大腸脈過ぎる所を原と為す。虚実これを抜く。

作用
疏風清熱、通経活絡、鎮痛安神、疏風解表

主治
○目の障害
○めまい
○鼻の障害
○下歯の痛み
○顔の腫れ
○殿部痛
○手の麻痺
○陰気不足
○多汗症
○顔面神経麻痺
○三叉神経痛
○発熱悪寒
○頭痛背強
○口噤して開かず(顎関節症)
○熱病
○精神の安定
○貧血による諸症状
※諸病の慢性病および血の病症

合谷は、顎関節症に限らず痛みが強い時に痛みの緩和を目的に対症療法として使用することがあります。
合谷を使用する時には、痛みが現れている顎関節の反対側の合谷を使用するようにしましょう。これは経絡の流注によるものです。

鍼灸治療を行っている方へ
合谷穴は万能血穴とも考える方がいらっしゃるぐらい効果のあるツボです。ですが、補法・瀉法を間違えると効果がでません。これを考えながら使用するようにして下さい。

temporomandibular顎関節症

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も顎関節症の治療を行っております。

LINE

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。