自律神経機能検査本文へスキップ

自律神経機能検査

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

自律神経機能テストtest

 顎関節症によって自律神経失調の症状が現れている場合、どこがどのように悪いのか全く分からないという方が大半です。このような方の中には、自律神経の働きを計測することで問題が明確となり自律神経失調症の症状の改善に役立つ事が多々あります。顎関節症による自律神経失調症でお困りの方、一度計測してみませんか?(計測のみは行っておりません。必要に応じて計測は行いますので、ご了承ください。)

 顎関節症は痛みの強さや開口障害による摂食障害によって自律神経失調症の症状が併発することも少なくありません。その為、自律神経失調症の症状が現れているような場合には自律神経機能検査を行う事があります。顎関節症によって起こりやすい症状としては、めまい、頭痛、眼精疲労、慢性疲労症候群があります。

パルスアナライザー
自律神経機能検査:パルスアナライザー
パルスアナライザーは、心電図を計測しその心電図の状態に合わせた自律神経の働きを計測します。

良導絡

 自律神経機能計測(良導絡)は、1950年に中谷義雄医学博士によって創始された電気鍼による自律神経調整療法です。

自律神経測定の理論

ヒトの皮膚に電気を流したとき、どこでも同じように電気が流れるわけではありません。電気が流れるためには水が必要です。この水は、汗と考えて下さい。汗の分泌を促すのは交感神経です。逆に、副交感神経が優位に働いているときには汗をかきません。

皮膚表面上に多く汗をかいている場所は電気がよく流れます。ですが、乾燥した肌ではほとんど電気は流れません。この差を計測していきます。

体の場所によって神経の働きが違うということは安静にしているような状況では基本的に考えられません。つまり、電気抵抗を計測することで自律神経の働きを知ることができるということになります。

 計測した状態が、下のグラフのようになります。このグラフに上下の差がないほど自律神経の働きは正常ということになります。
良導絡

良導絡の計測方法
 良導絡は、手首と足首から下の部分に感じない程度の一定の電気を流します。この電気がどれぐらい体の中を流れたかを計測していきます。痛みはありませんのでご安心ください。

良導絡を計測してどうするの?
 良導絡を計測した後、この反応点に合わせた鍼灸治療を行います。この鍼灸治療によって、自律神経の働きを改善します。

その他
その他、血圧測定によって自律神経の安定感を図るシェロングテストを行っております。

※これらの検査は、抗うつ薬の影響を強く受けます。その為、完璧に正確なデータが得られないこともあります。

temporomandibular顎関節症

〒532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
TEL 06-6395-3366
日曜日も顎関節症治療を行っております。

LINE

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。